いちばんべったこ

tabi noti dokusyo tokidoki guti

今日は なん日、なん曜日?

読み終えました。 大好きな田中美智子さん作。 自分が80代になったら、そのときまた読み返してみたい。 善明さんと仲良しだったんだな。 来太郎が入院して胃にチューブを入れたのに、元気で戻って来れてよかった。 最後の最後まで、許せないものは許せないと…

さくら猫と生きる

今西乃子作。 今は、野良猫と言わずに飼い主のいない猫って言うんだな。 飼い主のいない猫のために奮闘する理美さんの記録。 餌をやる人も苦情を言う人も、猫自身も誰も悪くないという考え方が新鮮だった。 TNRで、地域猫としてみんなで面倒を見て行けたらい…

猫たちのバラード

玉木恭子さん作。 珠玉のエッセイでした。 前半三分の一がネコにまつわる話。 野良猫さんたちを思う気持ちがひしひしと伝わってきた。 後半は、生い立ちや経験した出来事を綴ったもの。 長春で生まれ、終戦後に神奈川に引き揚げてきた。 お父さんの仕事が立…

法善寺横丁

お店のいっぱい並んだ路地を通って法善寺へ。 「包丁いーっぽん〜」と、嫁さんが歌い出した。

道頓堀

コロナでなかったら、外国の人がたくさん歩いてはったことだろう。 御堂筋から日本橋方面に歩く。

大丸

建て替えたけど、外壁だけは残したらしい。 歴史ある建物だ。

ハートランド

メニューにハートランドがあったので、思わず注文する。 やっぱり泡が細やかだった。

心斎橋

用事で心斎橋に行ってた嫁さんと、改札口で待ち合わせ昼ごはん。 こんなにひとがすくない心斎橋筋は、初めて見た。

猫用ブラシ

ニャンちゅう、ジャムのために買った。 14歳、18歳と高齢なので、だんだん毛繕いしなくなるだろうから、ブラッシングしてやって、いっしょに過ごす時間も増やしたい。

そこにはそこの

午前中は歯医者さん。 途中の道に野良さんがいた。 そこにはそこの野良猫さんがいますね。

5000キロ逃げてきたアーメット

オンジャリQ・ラウル作。 題にはアーメットが出てくるが、主人公はアレクサという活発な女の子。 トムとジョシー、マイケルの3人の親友がいる。 この子たちのクラスに、転校生がやってきた。 いつも下を向いていて、一言も話さない。 仲良くしようとしても、…

尾崎港

尾崎まで来ました。 今日はここまで。 泉佐野までは行けなかった。 電車で帰ります。

タコツボ

大阪湾のタコさんが入りはるんですね。

トンネル

左手は海、右手は南海線の盛土。 その下をレンガのトンネルで水路が通ってる。

ゲレンデ

ジェットスキーする場所も、ゲレンデって言うんだ。 知らなんだ〜。

階段

防潮堤沿いの道には、たまにこんな階段が出てくる。 自転車は担ぎ上げられるので、へっちゃら。 前進あるのみ。

北上

里海公園の端っこまで来た。 公園を出て、海沿いを北上することにする。 北東に向かってるつもりなんだけど、なぜかお月さんが正面に見える。

ビーチバレー場

階段場の座席がかっこいい。 海に向いた座席もあって、しばし眺めた。

さとうみ磯浜

人工的に作られた磯浜。 暖かくなったら、賑わうだろな。

せんなん里海公園

海に沿って長ーく伸びる公園。 自転車のおかげで、どこまでも行ける。 うれしい。

海洋センター

6年生や5年生を連れてきたところ。 変わった形の建物だ。

ヨットハウス

目を引く建物。 通り抜けて海側に出ると、ヨットが一艘浮かんでた。

海です

歓迎の看板が出ていた道は上り坂だったので、平坦な方の道を選んで海に出る。 少し南に下って漁港も見た。

淡輪

久々に来ました。 割と簡単に来られるんだなあ。 こんな改札、今時珍しい。 長椅子も年季入ってます。

岸里玉出

自転車でこの駅まで来ました。 ここから輪行。 この駅は二つの駅をくっつけたから、ホームが長ーい。 一方、汐見橋線のホームは短ーい。

ひめまつ

路面電車の駅の待合所。 たまたま通りかかった。

空から見ててね

はせがわまみ著。 トリマーとして働いていた動物病院で、懐いてくれたネコ。ばた子と呼ばれていた。 ばた子は、そこで重要な仕事をしていた。 供血猫としての役割だ。 輸血が必要になったネコに、血を分けてあげるのだ。 7歳になって供血猫を卒業したばた子…

モーニング

電車に乗って、ターミナル駅でモーニング。 本が読めました。

地に消える少年鼓手

ウィリアム・メインの2冊目。 題名がすごく時代がかっている。 なんだか古い映画のタイトルみたいだ。 アーサー王にまつわるイギリスの言い伝えを取り入れた物語だそうだ。 本文は分かりにくいところがあったが、あとがきで謎が氷解する。 この物語は、メイ…

お大師さん

21日の今日は、嫁さんとおばあちゃんのお供をして四天王寺に行ってきました。 前の時のように、玉こんにゃく食べて、露天を見て回りました。 ずっとどこにも行けなかったおばあちゃんも、ちょっと気が晴れたみたい。