いちばんべったこ

tabi noti dokusyo tokidoki guti

ネコのジュピター

いいお話でした。

茂市久美子さん作。

ジュピターは、オリオンキャットフードの試食係。

ところが工場が閉まることになって、動物愛護団体に引き取られてしまいます。

なんとか工場に帰ろうとして飛び乗ったトラックに、遠い田舎町まで連れて行かれ、優しいおばあさんあの家で暮らすことになります。

登場するカラスやネズミも優しい。

 

f:id:kuroneko356:20230129221724j:image

ピースがうちにやってきた

村上しいこさん作。

庭に迷い込んできた子ネコ。

拾ったお母さん。

飼うのに反対するお父さん。 

子ネコに居場所を奪われてシュンとするみけ。

でも、お話はネコが中心じゃない。

お母さんは心の病を抱えている。

いつもがまんしている主人公のサチ。

サチとお母さんとお父さんが、少しずつ家族らしくなっていくお話です。

 

f:id:kuroneko356:20230129215840j:image

 

サイコーの通知表

藤純子さん作。

一番いいなぁと思ったのは、通知表はなくてもいいんじゃないかってこと。

もう少しやできるばっかりなら、全然やる気にならないってこと。励みにならないのなら、やめればいい。

ぼくらも、評価育成システムには断固反対したたよな。

でも、主人公たちは先生を励ます通知表を作ろうとがんばる。

学校の先生ができない通知表を作ろうとするところがステキです。

 

f:id:kuroneko356:20230129205134j:image

この道の先に、いつもの赤毛

アン・タイラー作。

一人暮らしでうだつの上がらない中年男マイカが主人公。

しかし、部屋の掃除はきちんとするし、車の運転も模範的だ。

パソコンの出張サービスの仕事をしている。

今まで付き合ってきた女性とはことごとくうまく行かなくなって、別れてしまうことを繰り返していた。

結婚するつもりはないが、今付き合っているキャスとはずっとこのままでいたかったのだが、昔別れたロナの息子がマイカの家に転がり込んできて、キャスまでマイカのもとを離れていってしまう。

味気ない毎日を送るのだが、息子を探しにきたロナと再会して、自分を少し見直せるようになる。

 

作者は男だと思い込んで読んでいたのですが、裏表紙に女の人の写真が写っていてびっくりしました。

 

 

 

f:id:kuroneko356:20230128234715j:image

 

 

しあわせラーメン、めしあがれ!

上條さなえさん作。

2人暮らしのママとぼく。

お金はないけど、住むところがなくなった小春おばさんを引き取ってあげることにした。

ところが、このおばさんがとんでもなく明るい人だった。

 

f:id:kuroneko356:20230128231911j:image

ひこぼしをみあげて

瀧羽麻子さん作。

中学の天文部が舞台。

主人公の友だちが那彩(なさ)という名前なのも、なんだか宇宙っぽい。

放課後はまだ星が見えないので、太陽黒点の観察をするところや、文化祭でプラネタリウムをするところなど、高校時代の知学部が懐かしくなりました。

ひこぼしは、片瀬先輩のことかな。

 

f:id:kuroneko356:20230128205116j:image

ほどよく距離を置きなさい

湯川久子さん作。

著者は、九州で第一号の女性弁護士。

昭和2年生まれ。うちの母と同じだ。

この本は、90歳の時に書かれた。

数多くの離婚や相続の問題を扱い、法律は人の幸せのためにあると説く。いくら正しくても、その人の幸せのためにならなければ、意味がない。

 

・自分の未熟さにいつも気づいているほうがいい

・争いごとで「命の時間」を無駄にしない

・「話す」ことで問題とほどよい距離がうまれる

・正しいことを言うときは、ほんの少しひかえめに

・お互いの「台所の奥」には入らない

・時の流れは「一番つらかったこと」を「一番の思い出」に変える

・生きた証は、大切な人の胸の中で思い出されること

 

など、味わい深い言葉が詰まっていました。

 

f:id:kuroneko356:20230127204740j:image