いちばんべったこ

tabi noti dokusyo tokidoki guti

扇形車庫

 

20番までの車庫は圧巻です。

スチーム号が夕方最後の運転を終えた後に、転車台に乗って石炭積み込みと給水作業も見せてくれます。

鉄道開業150年の区切りにここへ来たのは、思い出になるかな。

 

f:id:kuroneko356:20221005105650j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105710j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105734j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105753j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105814j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105833j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105848j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105908j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105932j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005105954j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110013j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110036j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110104j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110123j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110139j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110221j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110509j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110535j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110553j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110612j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110635j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110752j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110812j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110827j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005110850j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111000j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111013j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111025j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111036j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111049j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111101j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111115j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111204j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111228j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111243j:image

 

f:id:kuroneko356:20221005111254j:image

シェフィーがいちばん

カート・フランケン作。

エマの家には3匹のテリアがいる。

リーダーは、シェフィー。自分でもいちばんだと思っている。

そこに、シェパードのヘルダーがやって来た。

エマはヘルダーばかりと一緒にいて、シェフィーたちを相手にしてくれなくなった。

ヘルダーは、シェフィーたちが入れてもらえないエマの部屋にも入るし、学校にもいっしょに行く。

ある朝思いあまって、シェフィーはエマの前に立ちふさがった。

すると、エマはシェフィーにつまずいて転びケガをしたのだ。

エマは目が不自由で、ヘルダーは盲導犬だったのだ。

やっとそのことを理解したシェフィーは、ヘルダーを受け入れて仲良くなる。

 

f:id:kuroneko356:20221003220555j:image

 

神さまの貨物

むかしむかし、大きな森に、貧しい木こりの夫婦が住んでいた、とおとぎ話のように語り始められる。

ジャン=クロード・クランベール作。

世界大戦の時代、舞台はフランスだ。

「くすんだ緑の制服の連中」に支配され、強制労働を強いられる。

黄色い星をつけさせられたユダヤ人は、小さな格子の窓しかない貨車に乗せられ収容所に運ばれていく。神殺しの罪がある上、金儲けのうまい泥棒と差別迫害されて。

双子の赤ちゃんも貨車に乗せらていた。

1人だけでも助けたくて、お父さんは近い方の赤ちゃんをショールに包み、貨車の小さな窓から雪の中に投げ落とす。

子どものいなかった貧しい木こりのおかみさんが、神さまからの贈りものだと赤ちゃんをひろって大変な苦労をしながら育てる。

もう一人の赤ちゃんとお母さんは、収容所に着くなり選別されて煙になり、空にのぼっていってしまった。

お父さんは、どうして家族一緒にいなかったんだと嘆く。

おかみさんは、食べさせるものに困ったり、木こり仲間や民兵から赤ちゃんを取り上げられそうになるが、森の中でひとりで暮らす老人に助けられる。

やがて戦争が終わり、生き延びたお父さんは我が子を探しにいく。

 

f:id:kuroneko356:20221003161732j:image