いちばんべったこ

tabi noti dokusyo tokidoki guti

急性期の中の急性期

ここしばらく小康状態が続いていた母ですが、昨日の夜半、携帯の光で目を覚まされました。

施設からの電話で、40度の熱が出ているので、救急車を呼ぶとのこと。

すぐに着替えて向かいました。

救急車はもう到着していて、開いていた施設の自動ドアからぼくも部屋に上がりました。

母はちょうどストレッチャーに移されたところ。

意識はあるようでした。

救急車に乗り込んで酸素マスクをつけてもらい、そこから長い長い受け入れ病院探しの時間が始まりました。

まずは、前回入院していた病院にかけてもらいましたが、今は入院は受け入れていないとのこと、何年か前にお世話になった隣の市の病院も満床でダメでした。

他のいくつかの病院も、初診はダメとか熱はダメとかで、次々断られました。

ぼくも救急車から一旦降りて、施設のケアマネさんに施設と提携している病院を聞きましたが、今は受け入れてないとの返事でした。

必ず見つかりますので、と救急隊の人は励ましてくれましたが、その後もことごとく断られ、時間はどんどん過ぎていきました。

今日は厳しいですね、と救急隊の人も首を捻り、もうかけるところがなくて困り果てている時に、市立のセンターにかけて「こういう時は、一緒に探してもらう決まりですよね」と強い口調で話してくれ、結局そこで条件付きで受け入れてもらうことになりました。

32件目、2時間半経っていました。

遠いところですので、高速を使って運んでくれました。

やはり、腸閉塞の再発でした。

点滴してもらい、ようやくベッドに落ち着いたのを見て、朝電車で家に帰り、施設に入院の荷物をもらいに行って、お昼にもう一回手続きしに行ってきました。

そしたら、もうソーシャルワーカーさんが転院の相談をされ、あれよあれよという間に、転院先が決まりました。

しかも、転院日は明日です。

病院の事情に詳しいアキが、急性期の中の急性期やからと言っていました。

コロナ禍のなかで、本当に医療は大変です。

ちなみに母は陰性でした。

感染者数が初めて1000人を越えた日に、診てもらえる病院が見つかったことがありがたいです。

関わってくださった全ての方々に、感謝しかありません。

 

f:id:kuroneko356:20210413173722j:image

 

 

 

 

 

キタリス・ウーと森のお医者さん

竹田津実さんの本。

伐採した木材の巣穴から助け出されたキタリスの赤ちゃん。

竹田津さんの病院で育てられる。

竹田津さんの散歩にもチョロチョロついて来るようになる。

野生に返すために、クルミをかじることを学習させたりする。

森に置いたテーブルで、一緒にお茶する姿が羨ましい。

 

f:id:kuroneko356:20210411153434j:image

ボブがくれた世界

とてもいい本だった。

どんな英文がこんな日本語になるんだろうと思えるほど、味のある文章だった。

訳者の腕が光っている。

作者ジェームズ・ボーエンのたどったこれまでの人生も目が離せなかった。

ヘロイン中毒からの離脱、路上生活、ビッグイシューの販売員としての暮らし、子供の頃両親が離婚し母にオーストラリアに連れて行かれたこと。

13歳の頃はパースの小児病棟で過ごすことが多かったそうだ。

ボブと出会ったことで、前向きな気持ちに変わっていくが、元々のこの人の持っているものがボブを引きつけたんだろう。

ボブを初めて知ったのは、ビッグイシューの表紙で。

そのあと、映画を観た。

この本は2冊目の本だ。

 

ボブと同じ茶トラのニャンちゅうを膝に乗せて読み終えた。

ニャンちゅうはボブのように賢くなくどこにでもいる野良ネコの一匹だが、ぼくにとってはかけがえのない一匹だ。

 

f:id:kuroneko356:20210411144554j:image

 

f:id:kuroneko356:20210411145203j:image